09

生産品質部門

駒井 宣行NOBUYUKI KOMAI

平成15年入社

一覧へ

新製品の生産ラインを一から構築したい。

学生時代の専攻を教えてください。

工学部機械システム工学科を専攻していました。

社会人と学生との違いはどんなところですか。

学生時代は“理論とその実証”までで済んでいた面がありましたが、社会人になってからは実証したものを生産性のより高いものに“実現する事”が加わりました。 その為、学生時代は一問一答で構わなかった事でも、社会人になってからは物事を多角的にとらえ、いくつものアプローチの中から合理的なものを選び進めていく必要性があります。

現在の仕事内容について具体的に教えてください。

生産技術の仕事に携わっており、主に既存製品の生産ラインの品質改善。生産効率改善のため、生産設備装置の改造や新規作製を行っています。

今の仕事のやりがいはどんなところですか。

生産技術のお客様は生産現場だと思っています。
その為、自分が携わった業務に対する反応(例えば新しい設備を導入した後、作業効率がどの程度改善したか、逆に不良品が増えてしまった等)がすぐに返ってきます。厳しい面もありますが、その分自身の成長につながると思い、やりがいを感じています。


大研医器を就職先として選んだ理由を教えてください。

就職活動をしている中で他の企業と比較すると、大研医器は研究開発型のメーカーを目指している事もあって、敷かれたレールの上ではなく、自分で道を切り開きながら業務に携われる印象を受けました。 少し言い過ぎかもしれませんが一から十まで納得して仕事が出来ると思い、大研医器を就職先に選びました。

大研医器のよいところはどんなところだと感じていますか。

とても風通しの良い会社です。若手社員でも色々意見を出しやすい環境で、良いアイデアであればすぐに採用されます。そういった風土が自立した社員の成長に繋がっていると思います。

今後やってみたい仕事はどんなことですか。

現在は既存生産ラインにある一部の生産設備の改造などを行っていますが、その中で技術力を蓄え、将来的には新製品の生産ライン構築を一から手掛けたいと考えています。
生産技術の業務は、より安全で高品質な価格競争力のある製品を市場に提供する事において、製品開発の業務と同様に一番密接している業務だと自負しています。


現在就職活動を行っている学生の方にメッセージをお願いします。

就職活動を通して多種多様な企業と接すると思いますが、
どういった環境で業務を行いたいかしっかりとした考えを持って、
是非自分に合った企業を見つけて下さい。