ホーム > 医療関係者向け情報 > 学会・展示会情報

2008年

日本臨床麻酔学会第28回大会
会期2008年11月20日(木)~22日(土)
会場国立京都国際会館
会長浅田 章先生(大阪市立大学医学部麻酔科学講座 麻酔科・ペインクリニック科)
内容 ここ数年、麻酔科医不足が顕在化していますが、麻酔科医が社会に求められているということは明確でありその存在意義は益々大きくなってきています。その将来を見据えて、今回のテーマを「麻酔科の変革と麻酔科医の品格」とし、麻酔科医が患者さんのために何ができるか、どうしたら良い臨床ができるかを考えていきます。
九州麻酔科学会第46回大会
会期2008年09月27日(土)
会場福岡大学医学部講義棟
会長比嘉 和夫先生(福岡大学医学部麻酔科学)
内容 学問をするための集まりであることを再認識する意味で、ホテルや公共の施設ではなく、今回大学の施設を会場としています。
日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第48回合同学術集会
会期2008年09月20日(土)
会場セルリアンタワー東急ホテル
会長大江 容子先生(東邦大学医療センター大橋病院 麻酔科教授)
内容 麻酔科医の業務はここ数十年で急速な進歩を遂げております。その業務は周術期患者管理からペインクリニック、救命救急、緩和医療へと拡大し、また麻酔方法や患者管理の方法も変貌を遂げています。そこで今回のメインテーマを「未来に向けて新風を」とし、将来麻酔科医が置かれる立場を見据えていきます。
第54回日本麻酔科学会関西支部学術集会
会期2008年09月06日(土)
会場大阪国際会議場
会長真下 節先生(大阪大学大学院医学系研究科生体統御医学麻酔・集中治療医学講座)
内容 第15回日本静脈麻酔・Infusion Technology研究会と同時開催。特別講演、教育講演、一般講演の他、共催セミナーとランチョンセミナーを予定しています。
日本ペインクリニック学会第42回大会
会期2008年07月18日(金)~20日(日)
会場福岡国際会議場
会長比嘉 和夫先生(福岡大学医学部麻酔科学教授)
内容 今回のテーマを「痛み・基礎と臨床の融合:アジアから世界に向けて」とし、基礎医学と臨床の相互刺激により、痛みの治療と研究の発展を促進し、疼痛に悩まされている多くの人の苦悩の軽減を図っていきます。
日本麻酔科学会第55回学術集会
会期2008年06月12日(木)~14日(土)
会場パシフィコ横浜
会長土肥 修司先生(岐阜大学大学院医学研究科 麻酔・疼痛制御学教授)
内容 大きく変化していく医療社会において、「麻酔科学の過去・現在・近未来:学術の進歩と新しい麻酔科医療の展開」をメインテーマとし、過去の麻酔科医療はどうであったのか、現在はどうなのか、そして近未来にはどのような発展が予測されるのか、ということを考えていきます。
第38回日本ペインクリニック学会関西地方会
会期2008年05月15日(木)
会場大阪国際交流センター
会長福田 和彦先生(京都大学大学院医学研究科・侵襲反応制御医学講座・麻酔科学分野教授)
内容 ペインクリニックの進歩と普及を図るために今回もペインクリニックに関する特別講演、シンポジウム等を予定しています。
第35回日本集中治療医学会学術集会
会期2008年02月14日(木)~16日(土)
会場京王プラザホテル
会長今井 孝祐先生(東京医科歯科大学大学院救命救急医学講座教授)
内容 近年、従来の常識に疑問を投げかけるようないくつかの優れたRCTの成績が集中治療領域から報告されておりますが日本の集中治療領域からの発信は乏しいことから、今回「エビデンスを創る集中治療」を主題として掲げ、この課題に取り組んでいきます。
HOSPEX Japn2008
会期2008年11月12日(水)~14日(金)
会場東京ビッグサイト(有明東京国際展示場)
主催日本医療福祉設備協会
社団法人 日本能率協会
内容 最先端の医療、福祉設備を展示する医療・福祉施設のための専門展示会(日本医療福祉設備学会併設)。

過去の学会・展示会情報