ホーム > 企業情報 > 沿革
1968年(昭和43年)
大阪市北区に大研医器株式会社設立。
 
医療機器の販売を開始する。
1971年(昭和46年)
医療機器の製造業許可を取得。
 
大阪市天王寺区へ社屋を移転。
1972年(昭和47年)
共栄社油脂化学工業株式会社と技術援助契約を締結。
 
医療用洗浄剤、理化用洗浄剤を発売する。
1977年(昭和52年)
三菱レイヨン株式会社と技術援助契約を締結。
 
超精密ろ過装置、除菌・防塵マットを開発・発売する。
1980年(昭和55年)
大研産業株式会社設立。
 
東京営業所(現・東京支店)開設。
1981年(昭和56年)
大研医工株式会社設立。
不織布ディスポーザブル製品を発売。
 
大阪営業所(現・大阪支店)開設。
1983年(昭和58年)
福岡営業所(現・福岡支店)開設。
1985年(昭和60年)
名古屋営業所(現・名古屋支店)開設。
1990年(平成2年)
医療用吸引器“フィットフィックス”の開発・販売。
1992年(平成4年)
大阪市中央区へ本社を移転。
1993年(平成5年)
仙台出張所(現・仙台支店)開設。
1995年(平成7年)
消毒・除菌マット“ウエットマット”の開発・販売。
1996年(平成8年)
“ウエットマット”1995年度日経産業新聞優秀製品・優秀賞受賞。
1997年(平成9年)
携帯型ディスポーザブル注入器“シリンジェクター”の開発・販売。
1999年(平成11年)
新社屋(本社・研究棟・アセンブリーセンター)完成、操業開始。
2002年(平成14年)
“硬膜外カテーテルキット”“気管支ブロッカー”“バルーンジェクター”
 
“シリンジポンプ”“レインボーチューブ”の開発・販売。
2003年(平成15年)
横浜支店開設。
“シリンジポンプ”財団法人日本産業デザイン振興会の
 
グッドデザイン賞を受賞(商品デザイン部門)。
2004年(平成16年)
“ヤンカーエンドピース”の開発・販売。
会長・山田満、発明実施功労者として大阪府から表彰される。
“QinPot”の開発・販売。
 
ISO13485:2003認証取得。
2005年(平成17年)
岡山 TLO と技術移転契約締結。
文部科学大臣表彰「科学技術賞」(技術部門)受賞。
“プレンダイム”の開発・販売。
“ユーリンピックス”の開発・販売。
広島営業所(現・広島支店)開設。
 
MDD 品質マネジメントシステム認証取得。
2006年(平成18年)
札幌営業所開設(現・札幌支店)
2007年(平成19年)
大阪市中央区道修町へ本社を移転。
“ビデオラリンゴスコープポータブル”の開発・販売。
“ビデオラリンゴスコープポータブル”が財団法人日本産業
 
デザイン振興会のグッドデザイン賞を受賞。(賞品デザイン部門)。
2009年(平成21年)
東京証券取引所市場第二部へ株式を上場。
“ブレスウォーム”の開発・販売。
 
“クリア ラリンゲルマスク”の開発・販売。
2010年(平成22年)
テレビCM開始。
コーポレートガバナンス強化のため、社外取締役を招聘。
 
東京証券取引所市場第一部へ株式を上場。
2011年(平成23年)
新市場開発部開設 (現、企画開発部IVD室)
"シリンジポンプCSP-110"の開発・販売。
"シリンジェクターPCAセット②""バルーンジェクターPCAセット②"の開発・販売。
 
"バルーンジェクター(化学療法)"の開発・販売。
2013年(平成24年)
会長・山田満、企業家ネットワーク主催「第14回企業家賞」受賞。
咽頭冷却装置の開発が総務省主催「消防防災科学技術研究推進制度」に採択される。
肺炎起因菌検査システムの開発が経済産業省主催「課題解決型医療機器等開発事業」に採択される。
2013年(平成25年)
さいたま支店開設
金沢営業所開設
2014年(平成26年)
”クーデックアイクール(体温調節装置システム)”を発売。
2015年(平成27年)
和泉アセンブリーセンター(大阪和泉市)に隣接する研究開発兼工場用地及び建物を取得。