ホーム > 株主・投資家情報 > IR基本方針

IR活動の目的と基本姿勢

当社は、株主・投資家をはじめ広く社会的に信頼されることを目指し、当社を取り巻く経営環境や財務の状況、将来に向けた経営戦略等に関する情報を、正確かつ迅速に、また公平性と透明性を持った情報開示に努め、当社の価値を正当に評価していただくことをIR活動の目的としております。

財務報告の基本方針

大研医器株式会社は、財務報告の信頼性を確保し、適切な情報開示を実施するため、以下の方針に基づき、透明かつ健全な企業経営を実践します。

 

  1. 1.一般に公正妥当と認められる会計基準その他の関連法規を遵守し、作成した財務情報を適時開示することにより、
     情報開示の透明性および公平性を確保します。
  2. 2.社内外の必要情報が迅速かつ適切に伝達される仕組みの構築ならびに、財務報告を所轄する部署の会計・財務に
     関する専門性の維持・向上に努めます。
  3. 3.全役職員は、財務報告に係る内部統制の重要性を強く認識し、内部統制の基本的要素(統制環境、リスクの評価と
     対応、統制活動、情報と伝達、モニタリング、ITへの対応)の適切な整備および運用に努めます。
  4. 4.財務報告に係る内部統制の整備および運用状況に関して、定期的かつ継続的に評価を実施し、業務改善を行います。

ディスクロージャーの基準

当社では、金融商品取引法および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」)に沿ってディスクロージャーを行っています。投資判断に影響を与える決定事項、発生事実、決算に関する情報が発生した場合、また、適時開示規則に該当しない情報についても、当社を理解して頂くために有効と思われる情報は、公平かつ適時・正確に開示する方針であります。

開示方法

適時開示規則に該当する情報の開示は東京証券取引所の提供する適時開示情報閲覧システム(TDnet)にて公開しています。TDnetにて公開された後、速やかに本サイトへ掲載することとします。なお、掲載準備の都合上、これらの情報の本サイトへの掲載時期が多少遅れることもありますので、ご了承ください。

また、本サイトには当社が開示している情報の全てが掲載されていない場合、もしくは、他の方法で開示された情報とは異なった表現の仕方をしている場合があります。また、本サイトに記載する内容には細心の注意を払っておりますが、万一、情報の誤りや表示上の不具合が生じる可能性があります。本サイトを利用される際には、これらを十分にご理解頂いた上でのご利用をお願いいたします。

業績予測および将来の予測について

当社は決算説明会など様々なIR活動を通して経営計画等、将来の予想に関する情報を提供いたします。業績予想および将来の予想につきましては、出来る限りの正確性をもって情報の提供を行いますが、現時点で入手できる限られた情報に基づいているため、様々な要因によって予測と異なる可能性がありますので予めご了承ください。

沈黙期間について

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算日の2週間前から決算発表日までの期間を「沈黙期間」に設定しております。この期間は決算に関するご質問への回答やコメントを差し控えることとしております。



適時開示アラートメール登録

適時開示アラートメール登録